東京都新宿区

東京都新宿区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

東京都新宿区の斎場・葬儀場

東京都新宿区の葬儀・葬式について

新宿区の主な葬儀場、斎場
東京都新宿区では、東京メトロ東西線の落合駅から徒歩5分の場所に立地している民営の落合斎場が代表的な斎場です。
この3階建ての民営斎場には、10基の火葬炉のほか、4室の式場や11室の休憩室に加えて、4室の控室を設けており、霊安室もあるので病院などから直接亡くなった方をお連れすることができます。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

東京都新宿区の斎場・葬儀場

榎町地域センター

住所
東京都新宿区早稲田町85
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ東西線「早稲田」駅」より徒歩約7分
駐車場
2
ご利用料金
23,100

公共斎場の榎町地域センターの葬儀場は、東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩7分、都営大江戸線より牛込柳町駅の東口より10分のところに位置していて交通の便が良いですが、駐車場が2台分のみしかありません。最大で54名が着席でき、故人か喪主が新宿区民の場合は、地下1階の多目的ホールを優先的に葬儀場として利用することが出来ます。1日1件の貸切タイプで、他に気兼ねすることなくゆったりとしたお別れをすることが出来るので、家族葬には最適です。
仏式・神式・キリスト教式など、宗派や地域も問わないので、どんな形式でも葬儀を行うことが出来ます。

長安寺斎場

住所
東京都新宿区信濃町2
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線「信濃町」駅より徒歩5分
駐車場
7
ご利用料金
200,000

長安寺斎場は新宿区信濃町にあり、信濃町駅から徒歩5分ほどの場所にある寺院斎場です。 宗教は仏教のみ、家族葬から一般葬までの葬儀をとり行えます。 60席程度の式を執り行うことが可能です。 また駐車場は境内に約7台のスペースがあり、利用することが可能です。

落合斎場

住所
東京都新宿区上落合3-34-12
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ東西線「落合」駅より徒歩5分
駐車場
80
ご利用料金
243,540

落合斎場は東京都新宿区上落合にある火葬場が併設されている葬儀場で、建物は3階建てになっています。火葬炉は10基あり、式場は4室あります。その他にも控室が4室、休憩室11室あり、コーヒーコーナーや売店なども備わっています。霊安室もあるので、ご遺体を預かることもできるので病院から直接搬送も可能です。落合斎場は、通夜から初七日まで葬儀全般を行うことができる規模の大きな総合斎場です。
落合斎場は、東京メトロ東西線の落合駅から徒歩5分の場所にあります。宗派を問わず利用することができる斎場です。火葬場が併設されているので、火葬のために移動する必要がありません。少人数の家族葬にも対応していますし、一般葬も行っています。

東京都新宿区の歴史について

江戸時代:甲州街道に新しい宿場が誕生「内藤新宿」
1679年、甲州街道の日本橋から高井戸宿との距離が遠すぎる事を幕府に申し出て浅草商人ら5名が新たな宿場の新設を願い出ました。幕府は5000両の上納金を条件に1680年、現在の新宿区がある場所に内藤新宿を開設しました。

明治時代:純国産石鹸が誕生!花王石鹸の工場開設
1890年、馬喰町で小さな小間物屋を経営していた長瀬富郎は高品質な国産石鹸の開発を友人らと進めており試行錯誤の末に完成しました。小間物屋から量産するための工場へと改築して花王石鹸の工場が1810年に開業しました。

昭和時代:四谷区・牛込区・淀橋区を合併し、新宿区発足!
新宿区は1947年に四谷区・牛込区・淀橋区を合併するかたちで発足されました。現在は東京都に23存在する特別区の一つで、夜間の人口よりも昼間の人口の方が2.5倍も多いという個性に富んだ地域なのが特徴です。